新築からリフォームまであなたのイメージを形にする(株)プロステイジ・都市開発
Googleサイト内検索
プロステイジ・都市開発
広島県広島市中区舟入川口町3-14 橘谷ビル1F
フリーコール:0800-222-8588
TEL:082-233-8588
FAX:082-233-8553
E-mail:t-kaneko@prostage.jp

間口の狭い敷地での 2世帯住宅。総面積は205.72屐ローコストでどこまでできるか(当社の利益を出来るだけ削るのが1番ですが、これはきついですね)挑戦。

鉄骨三階建住宅

掘方

5/22 掘方開始。GL−1050. 丁度ウオーターレベルライン。その上に砕石を100m/m。

鉄骨三階建住宅

地中梁配筋・型枠

5/29 柱脚 ベースパック設置
5/30〜6/2 配筋 
6/3〜6/4 型枠

鉄骨三階建住宅

コンクリート打設・鉄骨建方

鉄骨搬入 組立には結構広いスペースが必要です。
見る間に立ち上がって行きます。
柱・梁・母屋まで
6/6 コンクリート打設
6/20建方

鉄骨三階建住宅

すでに外回り軽鉄による胴縁は施工されて鉄骨階段も設置済みです

6/23〜28 2.3階QLデッキ

QLデッキ(2階部分)
QLデッキ(3階部分)
QLデッキ(バルコニー部分)
QLデッキ(吹き抜け部分)

鉄骨三階建住宅

6/30 2.3階床コンクリート打ち

2階床(リビング側)
2階床(廊下側から)
3階床(吹抜側)
3階床(吹抜側から)

鉄骨三階建住宅

コンクリート打設後

7/15 2階吹抜より3階部分

電気設備配線工事が進んでいます。

鉄骨三階建住宅

7/15

断熱

駐車場天井 発砲ウレタン吹付け リビング下に当たるこの断熱を怠れば上階の結露の原因になります
金属屋根下部にも発砲ウレタン吹付け 後日さらにグラスウールを敷き込みました。
キャットウオークより吹抜部分を通して寝室側を見た写真です。軽鉄間仕切りが出来上がっていきます。

鉄骨三階建住宅

7/16〜

フリーフロアー

2・3階はフリーフロアーです。フローリング直張りで施工する場合もありますが、納まりが難しく施工精度の問題や設備用配管にコンクリートとの間の空間が利用できるのでこの工法を選びました。ただし多少建築費は高くなります。

鉄骨三階建住宅

1階部分

1階と3階に和室がありまが純粋な和室は年老いたお母さんがお住みになる1階だけです。1階和室は下地も木造です。
床下地は構造用合板。床下には人が楽に入れる空間が有り、設備配管の点検が出来るようにしてあります。床下は湿気が篭らないように換気が取ってあります。

鉄骨三階建住宅

軽鉄下地

駐車場天井軽鉄下地とケイカル板張り(下地)
2階リビング
2階廊下

鉄骨三階建住宅

軽鉄下地

リビングからの見上げ
空調機用配管が軽鉄下地の間に見えます
3階寝室にリビングの大きな窓から朝日を入れるために
大きな窓(ボウウインドー)を取付
キャットウオーク(非常用進入口)から
キャットウオーク(非常用進入口)から
天井裏にグラスウールを充填
(金属屋根下は発砲ウレタン吹付け)

鉄骨三階建住宅

1階和室

二世帯住宅として1階にミニキッチン 背後にあるのは
アイランドとしての作業台(下部炊飯器ポット等収納)
風通しと採光に考慮した設計
床の間に障子を設け光を取り入れています

鉄骨三階建住宅

2階

階段巾は将来電動昇降椅子が設置できるように広くしてあります
突き当たりは物干し室 電気温水器が設置してあり部屋の温度を放射熱により高く保てます

鉄骨三階建住宅

2階キッチン

鉄骨三階建住宅

リビング

リビング南東
高さ5mの吹抜に面する
大きなサッシより降り注ぐ陽光
3階への階段
棚下にあるのが蓄熱暖房

鉄骨三階建住宅

吹抜キャットウオークより

3階寝室よりキャットウオーク
(非常用進入路)に出たところ
キャットウオークより
キャットウオーク
キャットウオークより

鉄骨三階建住宅

外部

外壁はサイディング
道路より玄関に入るまで段差を無くしてあります。
玄関と廊下の段差も押さえ車椅子で室内に入るにも容易です。
Copyright(C) 2003 PROSTAGE Urban Development All rights reserved.