新築からリフォームまであなたのイメージを形にする(株)プロステイジ・都市開発
Googleサイト内検索
プロステイジ・都市開発
広島県広島市中区舟入川口町3-14 橘谷ビル1F
フリーコール:0800-222-8588
TEL:082-233-8588
FAX:082-233-8553
E-mail:t-kaneko@prostage.jp

【当社設計施工】 ホワイトを基調とした。シンプルなエントランス

狭小な土地での分譲住宅

住宅タイプ:注文住宅

狭小な土地
狭小な土地
【当社設計施工】 ホワイトを基調とした。シンプルなエントランス

アプローチ

道路からのカットです。パースの通りですが、通路のタイルをモスグリーンから ホワイトに変更しモスグリーンはアクセントカラーにしました。 右側駐車場はコンクリート板から石張りへと変更しました。通路の屋根はかすみ調のポリカーボネイトなので、思ったより明るい感じです。

通路部分

照明は多機能人感センサーなので色々な設定が可能です。インターホンはカメラ付でここで来客を確認し奥の玄関扉横に付いているインターホンで再度確認することが出来ます。

PLAN(平面図)

いかがですか?中央に吹抜けを造り通風、採光を隣地を気にせず取れるようなプランにしました。玄関に入るとバルコニー側からの光と取り込むことにより明るい雰囲気を味わうことができます。1階も2階も各部屋、そして廊下が吹抜けに向いているので、狭いながらも開放感があります。この敷地で一日を通して一番日当たりの良い所は北東のリビングですが、この部分も吹抜けを造り東、西、北側から十分光を取り入れるようにしています。駐車場から玄関までの長い通路は庇をガラス張りにし白く高い壁とあいまってモダンな雰囲気になります。7月位から工事に取り掛かる予定です。

基礎工事

「見えないところに気を配る大切さ」
建物を建てる時には必ず 地盤調査をしないといけません。建物はまず基礎が大切で それを支える地盤がいいか悪いかで対応の仕方が変わるからです。今回はスウェーデン式サウンディングによる調査を行い地中-1〜2Mの間が地耐力が弱く 杭工事を行う必要があるとの判断で柱状改良工事を行い 直系60CMのコンクリート杭を26本深さ3Mまで造りました。

北面外観

フレスタ側からの写真です。LDKは東西南北からの大きなサッシによりいつも明るい環境です。一度実際に来て見て下さい。その開放感に驚かれるはずです。

内部吹抜け部分

この住宅の広さでは 割と広い吹抜けは、周囲からのプライベートな空間を作るには十分だと思います。24時間 街中ではありますが吹抜け側の窓を開放していても他からは見えませんので、精神的ゆとりが感じられると思います。

玄関

明るさ(陽だまり)をテーマにしました。玄関を入るとライトコートからの光を天井までのサッシから十分に取り入れることが出来ます。下足箱の中間は広さを演出するために鏡貼りにしてあります。お出かけするとき姿見に便利です。

廊下

玄関からL字型の廊下がつづき、こちらからリビングに繋がります。暖かい日には光庭に面するサッシを開放していただくと、廊下、LDK、和室が一つの空間になります。

ライトコート

家の中心に位置するライトコートです。2階はこれにバルコニー、屋根とつづき狭いながらも開放的な空間を演出しています。

DK

リビング側から、DKを見た写真です。ダイニングの天井は4M以上有り、南と北側から光を取り入れることが出来るのでライトコートからの採光とあわせてとても明るい感じです。

リビング

ダイニングからリビング側を見た写真です。リビングには天井近くに大きな採光窓があり朝は東から 夕方は西から採光を得られます。居室側のサッシは全て 断熱遮音効果の高い ペアガラスを採用しています。

ダイニングからライトコートリビング

写真でお分かりようにLDのライトコート側のサッシは広く天井一杯に取り付いていますのでバリアフリーのライトコートウッドデッキを居室側に取り入れることが出来るのでとても広く感じられます。暖かいときはライトコートにテーブルを持ち出し 外でプライバシーを確保しながらのパーティーなどいかがですか?

リビングから和室とライトコート

和室とリビングの間の3枚扉を取りライトコート側のサッシを開けるとまた違った空間が生まれます。

ダイニングからライトコート

大きなサッシとウッドデッキによりライトコートとダイニングの一体感があります。

ダイニング吹抜け

こちら側は北面に当たりますが、北側からの光も結構部屋内を明るくしてくれます。

ダイニング天井

南と北側から光が入ります。

2階廊下

外部に面する開口は出来るだけ小さくしましたが、南に面する2階廊下のサッシからは明るい日差しが差し込みます。プライバシーを意識し立て滑り出しの窓としました。開放しても隣地から現状見られることはありません。

2階洋室からリビング側

東側洋室が一番光が差し込みます。リビング側と一体化して壁で仕切っていませんが、もしプライバシーで仕切りたい場合でも、容易に独立させることが出来ます。

アプローチ

道路からのカットです。パースの通りですが、通路のタイルをモスグリーンからホワイトに変更しモスグリーンはアクセントカラーにしました。
右側駐車場はコンクリート板から石張りへと変更しました。
Copyright(C) 2003 PROSTAGE Urban Development All rights reserved.