新築からリフォームまであなたのイメージを形にする(株)プロステイジ・都市開発
Googleサイト内検索
プロステイジ・都市開発
広島県広島市中区舟入川口町3-14 橘谷ビル1F
フリーコール:0800-222-8588
TEL:082-233-8588
FAX:082-233-8553
E-mail:t-kaneko@prostage.jp

●木材は一般的に30〜20%に乾燥するとき、変形が最も激しく、18%以下では乾燥に関する影響はほとんどありません。 昔の大工さんは木の乾燥と収縮の関係をちゃんと知っていて、棟上げした後すぐには内装工事にとりかからず、半年以上放って置きました。その間に十分乾燥させ て構造の安定を図ることが、昔の大工さんの知恵だったのですね 。 こうして乾燥させた木材は、現代の数値で表現すると含水率(※)15%〜18%の状態になっていたと考えられます。 乾燥した木材は弱点である木の変形と腐りを克服することが出来ます。 写真は含水率30%の木材が15%に減水したときの収縮を表しています。 ※含水率:木の中に含まれている水分重量の割合を表す数字のこと

木材の乾燥

●木材は一般的に30〜20%に乾燥するとき、変形が最も激しく、18%以下では乾燥に関する影響はほとんどありません。昔の大工さんは木の乾燥と収縮の関係をちゃんと知っていて、棟上げした後すぐには内装工事にとりかからず、半年以上放って置きました。その間に十分乾燥させて構造の安定を図ることが、昔の大工さんの知恵だったのですね 。こうして乾燥させた木材は、現代の数値で表現すると含水率(※)15%〜18%の状態になっていたと考えられます。乾燥した木材は弱点である木の変形と腐りを克服することが出来ます。写真は含水率30%の木材が15%に減水したときの収縮を表しています。※含水率:木の中に含まれている水分重量の割合を表す数字のこと
Copyright(C) 2003 PROSTAGE Urban Development All rights reserved.